読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

最低限これだけは覚えておきたいリスティング広告の基礎まとめ

スマートフォンやタブレットの普及により、インターネットへのアクセスは爆発的に増え続けています。ネットを介したビジネスも一般的になりつつあり、これからはネットをどう利用して事業を展開していくかが非常に重要になってくるでしょう。 広告の主戦場も…

社内のコミュニケーションが円滑になるビジネス向けチャットツール8選

インターネットの発達によって働く場所に縛りがなくなり、今やどこにいても仕事ができる時代になりつつあります。仕事はみんながひとつの建物に集まってするものだ、という風潮もなくなってきて、いわゆるノマドをする人や在宅ワークで生計を立てる人も増え…

人事業務の効率化を促進させる!人事システムを導入するメリット&人気サービス5選

近年、働き方の多様性が増加しており、正社員、非正規雇用、フリーランスといったさまざまな労働スタイルがそれぞれの立場を確立しつつあります。 そんな中でより重要な業務になってくるのが「人事」です。流動性の高くなった社会で、自社に適切な人材を見つ…

レジ業務の効率化・売上管理が加速する!クラウドPOSレジを導入するメリットと人気サービス3選

レジ業務は小売や飲食店では不可欠な業務です。しかし、売上やお金に直結する業務ということもあり、日々多くの時間をレジ業務に取られている店舗も多いでしょう。 つまり、少しのミスも許されないにも関わらず作業工程が多いということで、スタッフに大きな…

使わない理由がない!Googleスプレッドシートを使うべき7個のメリット

パソコンで仕事や作業をするとき、「Excel」はもはや必須ともいえるツールになりました。さまざまな機能が搭載されているため非常に便利で、社会人はもちろん、学生や主婦でもExcelを使う機会は増えています。 しかし、そんなExcelにもデメリットがあり、導…

チーム作業を劇的に改善する!業務効率化を促進させるコラボレーションツール7選

チームで作業をするにあたり、非常に大切になってくることは円滑なコミュニーケーションを取ることです。質の高い仕事をするためには、質の高いコミュニケーションが必須になります。 しかし、リモート技術の発展などで職場にいなくても作業ができるようにな…

一律のノー残業デーでは意味がない!残業削減を実現する5つの取り組み

日本は業務効率が悪く、残業が非常に多い国であると言われています。2015年のデータによれば正社員の平均残業時間は年間173時間にも及び、1時間あたりの労働生産性はOECDに加盟している主要7か国のうち最下位です。 無駄な残業時間の増加は社員にとって大き…

導入前に要検討!アウトソーシングオンプレミスとクラウドの特徴と違いを解説

最近はビジネスのあらゆる場面で、情報をクラウド保管することが主流になってきましたが、クラウド型サービスが登場するまでは「オンプレミス」と言って、サーバーなどを自前で用意し、全てのデータを自社内のネットワークで管理していました。しかし、オン…

紙のタイムカードからWeb打刻にシフト!クラウド勤怠管理システム3選

適切な勤怠管理は会社経営においてとても重要なものです。多くの労働問題が言及されている昨今、サービス残業や違法な労働時間に対する世間の風当たりはますます強くなっていますし、一度ブラック企業認定でもされれば経営に大きな影響がでるでしょう。健全…

自社で開発するより効率的!ビジネスを加速させるAPI6選

自社で何か新しいプログラムを開発する際、ぜひ利用したいのが「API」です。APIとはあるプログラムの一部の機能をweb上に公開し、他のプログラムとの共有を可能にしたものをいいます。つまり、これから開発しようと考えているプログラムの機能のうち、すでに…

情報があっても活用しなければ意味がない!参考にしたいビッグデータ活用事例3選

ビッグデータという言葉を聞いたことがあるでしょうか?最近はあらゆるもののデジタル化が進んでおり、利用履歴や購入履歴をデータとして残せるようになりました。また、膨大な量のデータの蓄積も可能になり、この情報群をビッグデータと呼んでいます。

Webマーケティングとデジタルマーケティングは似て非なるもの!違いをわかりやすく解説

Webマーケティングとデジタルマーケティングは、詳細を知らない人には同じものだと混同されてしまいがちです。しかし、名称こそ似ているものの、この2つははっきり違うものだと定義され、異なる性質を持っており、その活用方法も別々でした。ところが、近年…

Web集客するなら覚えておきたいWebマーケティング用語12個

インターネットを用いて営業、販売を行うことが当たり前になった近年、Webを用いたマーケティング手法の重要性、需要は急速に増しています。最も知名度のあるWebマーケティング手法は「アフィリエイト」でしょう。企業だけでなく、一般の方でも簡単に運用で…

情報を有益に活用するために読んでおきたいデータマイニングが学べる記事4選

近年は、情報技術の急速な発展から生まれたマーケティング手法が多くの分野でメジャーになりつつあります。中でもビッグデータと呼ばれる過去のデータの蓄積から顧客の需要や指向性を調査し、さらなる事業利益の増加を狙っていく手法は当たり前になってきて…

BIツールで、より有効的に部門別損益管理を行うには

経営管理でも、BIツールは活用のしがいがあります。 損益分岐点など、BIツールを活用すれば、エクセルのような表計算ソフトと比べ、視覚的化されたグラフでダッシュボード上に表示したり、定型レポートとして出力することで、リアルタイムに数値を把握できる…

生産管理にもBIツールは活用できます。

BIツールは、生産管理でも様々な機能があります。 製造現場で、在庫過剰や欠品などの問題に対し、原料、製造過程、生産量を迅速・正確に把握するためには、製品、材料、作業手順などの一元管理が不可欠となります。

BIツール導入による、製造業の経営データ分析への活用

最近は製造業の生産現場でもBIツール導入が進められています。 製造業の場合、顧客に対する納期・品質などの向上の他、在庫の低減、生産性の向上、棚卸資産管理の強化による会計の精度の向上、などが求められます。

BIツールのレポーティング機能の活用と選び方は

BIツールの機能の一つに、レポーティングがあります。 企業の様々なデータを分析し、いち早くタイムリーに問題の兆候を発見し、対処することを目標としたツールです。 企業活動の中で何がしか異常が認められた場合、すぐさま状況の評価、分析を行い、対処を…

BIツールで蓄積されたデータを、うまくシステム・サービス開発へ応用するために

BIツールの活用法として、社内外の様々なデータを収集・分析し、可視化させることで、実際に起こっていることを把握するとともに、起こった原因を探り、適切な改善につなげることで、売り上げ向上や業務の効率化に役立てることがあります。

BIツールに欠かせないダッシュボードの役割は

ダッシュボードは、様々な要素から抽出されたデータを、チャート、地図、グラフなどで視覚化させ、まとめて表示する機能で、BIツールには欠かせないものです。 たいていのBIツールは、ダッシュボードはIT専門家のサポートや専門スキルが無くても、ドラッグ&…

複雑化する現代、経営データの分析にはBIツールがお勧めです。

ビジネスの多様化やグローバル化、さらに変化の激しい国際情勢などから、経営が雑化し、従来のような経験、勘による経営判断は年々難しくなってきています。 こうした中、経営データの分析にはBIツールが活用のしがいがあるのです。

BIツールによる予算管理のポイントは?

BIツールで予算管理を行うには、異なる条件での予測結果の比較や、変化のシミュレーションを行うツールとして、プランニングツールを活用することになります。 この際、使用する人、分析レベルに応じて、導入するBIツールの分析レベルと操作の直観性を決定す…

ビジネス分析ツールを自社で活用するために

ビジネス分析ツールの導入により、期待できる効果はどのようなものでしょうか?

利益貢献度分析により、効果的なビジネスを!

利益貢献度分析は、どの商品が、どれだけ売上に貢献しているのかを管理する分析です。 このため、売上が大きい以外に、利益率が高く、商品回転率の高い商品が、会社に貢献している商品ということになります。

在庫分析は、どのような可能性を秘めているのか

在庫分析は、現状把握や、在庫の改善対象の決定、基準を決めたりするのに必要不可欠となります。 他にも、在庫管理は、売上に対する原価を把握することで、粗利(又は売上に対する粗利の率)を把握することが大きな目的です。

中小企業の製造原価と売上原価の計算方法と目的

中小企業の製造原価と売上原価の計算方法として、まずは両者の違いを明確にすることです。

BIツールで仕入れ分析システムを選ぶポイントは?

仕入分析を行う際は、大きく分けて「仕入先の選定」と「仕入計画」で取り組むのが一つの方法です。

売上分析で果たすBIツールの役割とは?

販売促進には売上分析も欠かせませんが、BIツールを活用すれば、効率的に売上分析が可能となります。

データビジュアライゼーション・ツールのおすすめは?

データ活用の重要性が高まる中、データビジュアライゼーションも脚光を浴びるようになっています。

Excelの機能を活用してビジュアル分析を行う

Excelのビジュアル化機能を活用すれば、数値に従って表の中に棒グラフや折れ線グラフを表示したり、セルを色分けしたりして、より視覚的なグラフでわかりやすくなります。これにより、誰でも良し悪しなどが判断できるようになります。

データ分析の入門に、おすすめの書籍は?

データ分析を学ぶための入門書は数多くありますが、その種類は多種多様であり、様々な角度から勉強することが可能です。

分析、戦略構築のために役立つビジネスフレームワーク

分析を円滑に行ったり、戦略を立てるのに役立つビジネスフレームも、いろいろとあります。