読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

BIツール導入による、製造業の経営データ分析への活用

f:id:urj:20160725150518j:plain

最近は製造業の生産現場でもBIツール導入が進められています。 製造業の場合、顧客に対する納期・品質などの向上の他、在庫の低減、生産性の向上、棚卸資産管理の強化による会計の精度の向上、などが求められます。

 

これに対し、製造の現場では臨時の注文や、原料資材の納入の遅れ、注文の変動に対する部材の納入の対応など、日々の緊急業務が原因となるコストの増加、といった課題も生じます。 製造業の収益向上に向けて、原価低減やコンプライアンスの強化などに向けた対策が求められます。

製造業がBIツールを導入することで、いちはやく情報を共有出来るようになり、緊急の注文に対しても現場レベルで迅速に対応出来るようになります。 また、在庫の異常などを毎日タイムリーに確認出来るので、棚卸業務を効率化させます。 製造業の経営データ分析には、BIツールを導入することで必要な情報をいちはやく確認出来るので、生産計画の精度が向上します。

現場でも、情報を共有することで業務品質向上や、業務の効率化が同時に実現できます。 製造業で多いのは、ERP上の業務データの利用です。 ERPは、会計システムを中心に、生産管理、販売管理、人事システムなどが統合された経営情報システムです。

ERPは、データを蓄積し、見るという役割を持っていますが、これに対し、BIツールは、ERPパッケージが蓄積したデータをさらに追求し、そして視覚化させることになります。 ERPシステムに蓄積された大量のデータをBIで情報管理することで、出荷業務の際のトレーサビリティの実現や、会計業務の大幅な効率化が実現できます。

また、各部門の業務システムに分散されたデータを、迅速に統合化でき、すぐさまデータ集計もできるようになります。 従来、熟練者しか出来なかった、生産調整に関する決定でも、データの視覚化で誰でも客観的に判断できるようになったり、他にも、データの視覚化により、特定の製品の生産が一つの工場で間に合わない場合、他の工場に生産にまわす、など、事業部全体での生産調整が出来るようになった、という事例もあります。