読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

在庫分析は、どのような可能性を秘めているのか

f:id:JUSTSYSTEMS:20160623114434j:plain

在庫分析は、現状把握や、在庫の改善対象の決定、基準を決めたりするのに必要不可欠となります。 他にも、在庫管理は、売上に対する原価を把握することで、粗利(又は売上に対する粗利の率)を把握することが大きな目的です。

在庫分析をする手段や方法

グローバルな時代、経済環境の変化も激しい中、様々な要因による原材料の高騰などが多く発生するので、粗利をいかに確保するかが重要なポイントとなります。

また、転売や商品の横流しなど、従業員の不正を防ぎ、規律が守られる環境作りのためにも在庫分析は欠かせません。

まずは在庫場所を明確にすることで、継続的に入出荷を記録する仕組みを構成します。 最終的には生産リードタイム(注文が発行されてから完成するまでの期間)を短縮化させることが、在庫圧縮の最良の方法となります。

在庫分析の手法としては、ABC分析、在庫回転率、ヒストグラム、Zチャート、流動数曲線などがあり、どれもエクセルで可能です。 在庫の管理には、優先順位をつける必要があり、これには製品のABC分析により重要な製品、部品、原材料などの在庫管理を行います。

まず、製品の売上げのABC分析を行い、製品別に売上げの大きいものから順番に並べます。 次に横軸に製品名、縦軸に売上げのグラフを作り、売上げの累積を線引きします。

売上げの累積で80%程までの製品をリストアップさせ、その製品の在庫を重点的に管理することになります。 一般的に、上位20%の製品が売上げ80%占めると言われます。

在庫分析には、全社にある在庫の評価から段階的に、個別品目の在庫の良否まで絞り込めるシステムが必要となります。