読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

生産管理にもBIツールは活用できます。

f:id:urj:20160722200542j:plain

BIツールは、生産管理でも様々な機能があります。 製造現場で、在庫過剰や欠品などの問題に対し、原料、製造過程、生産量を迅速・正確に把握するためには、製品、材料、作業手順などの一元管理が不可欠となります。

 

各システムの情報を集約化させ、一元的に分析できる環境を構築することで、製品・材料をロット番号で関連づけ、一括で管理できるようになるなど、生産管理が可視化できます。 作りすぎや欠品があった再も、トレーサビリティ管理ができ、どこに、どんな問題があったかを容易に把握できます。

BIツールにより、折れ線や棒グラフなどで、在庫などが適正値の範囲で保たれているか、視覚的にタイムリーに把握できます。 気になるデータは、さらに詳しいデータを見ることもできます。

自社のシステムに連携されたデータベースや、CSVなどへ、詳しい記録を登録することもでき、入力されたデータはリアルタイムに反映され、生産計画等と比較もできます。 さらに、レポートやアンケート作成なども簡単にできます。

集計されたデータは、昇・降順に並び替えることで、累積比率を算出できるので、不良製品の発生件数や原因の内訳確認なども可能となります。 稼働率が異常値に達していないかなども、リアルタイムに状況を把握でき、何がしか異常が生じているのなら、現場の担当者にすぐさまメールなどで知らせ、対処してもらう、などの対応も可能です。

分析精度が向上すれば、トラブルに対する対応の時間も大幅に短縮でき、人件費の削減や問題解決のためのコスト削減にもつながります。 BIツールを導入することで、生産部門の担当者が自ら、生産の能率の向上や不良率の削減、非生産時間の設定など、生産管理を効率よく行えるようになります。

データをリアルタイムに可視化させることで、情報システム部門に頼らず、生産管理現場が自ら、業務改善サイクルを向上させる仕組みを構築できます。 レポート業務の大幅な省力化や、業務改善サイクルの高速化の実現にもつながります。