読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

人気のBIツールの特徴を比較

f:id:urj:20160725143832j:plain

BIツールは、現在は様々なものがあり、SAP、Oracle、IBMなどの老舗のBIベンダーの製品の他、日本国内発のものも色々とあり、さらにオープンソース系もあります ツール単体でも、Core BI系、開発言語系、BusinessAnalytics寄りのもの、ETLライクなものなど、機能的に分類でき、価格によっても数多くの選択肢があります。

 

現在人気があるものとしては、 Tableau QlikView Yellowfin MicroStrategy Cognos IBM こうしたところが挙げられます。 Tableauは、1ユーザから導入でき、2週間の無償トライアル期間があります。 インストールしてすぐ簡単に、素早く分析できる機能を持ち、高度なスキルや知識がなくとも分析ができます。

分析したいデータは、ドラッグアンドドロップの簡単なマウス操作で集計・グラフ化でき、様々なグラフや地図上の情報としても表示できます。 QlikViewは、高速インメモリ技術で、データの読み込みからグラフ表示まで簡単に、しかも高速で行えます。 連想技術により、可視化したい様々なデータを関連データとしてつなぐことで、簡単に仮想データ統合を実現します。

これにより、個々のデータ分析では見えにくい情報の特性を発見できます。 Yellowfinは、データと人をつなげる、次世代共有型BIプラットフォームで、社内のあらゆるデータをワンクリックで可視化させます。 グラフデータを用いて即座にレポートを作成し、社内で共有できます。

MicroStrategyは、統一アーキテクチャの上に構築され、レポート・分析・モニター機能がシームレスに統合されたBIツールです。 大量のデータを、過去の分析利用だけでなく、予測分析にまで広げることで、ユーザーの意思決定を強力にサポートします。

Cognos IBMは、ターゲットの設定と予算編成から、レポート作成、スコアカード処理、分析、および予測まで、計画策定サイクル全体を変換することが可能です。