読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

導入前に要検討!アウトソーシングオンプレミスとクラウドの特徴と違いを解説

f:id:urj:20161221121753j:plain

最近はビジネスのあらゆる場面で、情報をクラウド保管することが主流になってきましたが、クラウド型サービスが登場するまでは「オンプレミス」と言って、サーバーなどを自前で用意し、全てのデータを自社内のネットワークで管理していました。しかし、オンプレミスは大きな初期コストがかかり、また、対応の柔軟性のなさから近年は導入をやや避けられる傾向にあります。

それでも全ての面においてクラウド型が勝っているわけではありません。この2つの特徴をしっかり把握し、自社により適したサービスを選択する必要があると言えるでしょう。この記事ではオンプレミスとクラウドのそれぞれの特徴や違いを解説していきます。

オンプレミスの特徴

まずはオンプレミスのメリット・デメリットを見ていきましょう。

オンプレミスのメリット

オンプレミスのメリットは何でしょうか?まず大きなメリットとして、セキュリティの信頼性がクラウドより高いことです。クラウドは外部サービスにデータを保管するため、どうしてもセキュリティ面に不安を感じます。当然十分な対策は取られていますが、それでも自社内のネットワークで完結しているオンプレミスには敵わないことが多いでしょう。

また、一度設置してしまえばクラウドのように月額費用はかかりませんし、契約期間などを気にする必要もありません。他にも、自社に合わせたカスタマイズが可能ということも大きなメリットです。

オンプレミスのデメリット

オンプレミスの最大のデメリットは初期費用が高額になりがちということです。サーバーやシステムを自前で用意しなければいけないため、それらの購入費用やソフトウェアの設定に大きなコストがかかります。

また、バージョンアップなどの管理、維持対応も基本的に自社で行う必要がありますし、何かしらの障害が発生したときも同様です。このようにコスト面で大きな負担を強いられるのがオンプレミスのデメリットだと言えるでしょう。

クラウドの特徴

f:id:urj:20161221121758j:plain

それでは次に、クラウドのメリット・デメリットを解説していきます。

クラウドのメリット

オンプレミスと違い、初期費用が非常に低額で済むのがクラウドの大きなメリットです。また、導入の手間もほとんどかからないことが多く、アカウント登録を行えばその瞬間からサービスを利用できることがほとんどでしょう。

他にも、バージョンアップや障害対応は多くの場合においてサービスの提供者が行ってくれるので、維持や管理の人的コストがほとんどかからないことも魅力的です。

クラウドのデメリット

社外のサーバーなどにデータを保管することになるので、やはりセキュリティ面が心配ですね。データ通信もインターネットを介して行うので、大きな脆弱性があればデータを抜かれたり、漏洩してしまう可能性もあります。また、クラウドでは毎月の利用料金のことを考える必要があります。オンプレミスでは一度設置すれば何か特別なことがない限りコストはかかりませんが、クラウドではサービス利用料が発生します。

あと、サービスのカスタマイズをしにくいということもデメリットでしょうか。不満点などをサービス提供に伝えても、一意見だけではなかなか改善されることはないと考えてください。

オンプレミスかクラウドかを判断するポイント

オンプレミスとクラウド、どちらを採用すべきか?悩みどころですね。双方のメリット・デメリットを十分に把握し、より自社の目的や予算に合わせたほうを選択したいところです。

ひとつ注意したいのが、クラウドはあくまで民間サービスなので、ある日突然サービスが終了する可能性があることを念頭においておく必要があります。定期的なバックアップはもちろん、サービスが終了してしまった場合に代用できるサービスが存在するかなども調べておいたほうがよいでしょう。

おわりに

最近の流れとしてはクラウド型が優勢になりつつありますが、オンプレミスにも大きなメリットはあります。必ずしもどちらかに絞る必要はなく、両方を兼用していくことも十分可能です。しっかり吟味してから選択しましょう。