読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

最低限これだけは覚えておきたいリスティング広告の基礎まとめ

f:id:urj:20170123193127j:plain

スマートフォンやタブレットの普及により、インターネットへのアクセスは爆発的に増え続けています。ネットを介したビジネスも一般的になりつつあり、これからはネットをどう利用して事業を展開していくかが非常に重要になってくるでしょう。

広告の主戦場もどんどんテレビCMからネットに移り変わっています。自社サイトをいかに検索エンジンの上位に表示するかでしのぎを削っており、多額の費用を投資して広告展開を行う事業者も増えています。

ネット広告を利用するうえで必ず覚えておきたい用語として、SEOとリスティング広告があります。この2つをどう活かすかが勝負のカギであり、これを知らずにネットビジネスを行うのは不可能といっても過言ではありません。

この記事では特にリスティング広告に焦点をあてて解説していきます。

リスティング広告とは

検索エンジンにキーワードを入力して検索をかけると、多数のサイトやページがヒットします。基本的に上にあるページほどGoogleが信頼の高いページであると判断したものだと思ってください。

しかし、実は最上部に表示されるのはGoogleによって評価されたページではなく、Googleに広告費を払って表示を依頼しているテキスト広告となっています。表示されたサイトのURLの前に「広告」と書かれていますよね。つまり、これこそがリスティング広告です。

リスティング広告の料金システム

このようにGoogleに広告費を支払えば、ページの質に関わらず検索ページの上部に自社サイトを表示させることが可能です。では、広告費をいくらかければ検索ページで表示されるようになるのでしょうか。

リスティング広告はやや特殊な料金システムを採用しています。基本的に競合相手より高い広告費を設定することで、より上位に表示されるようになっていますが、リンクをクリックされない限りは費用が発生しません。

「1クリックごとに何円の広告費を支払いますよ」という契約になっていて、クリックされればされたぶんだけ広告費が発生する仕組みになっているのです。これをPay Per Clickと呼び、リスティング広告を略してPPC広告と呼ぶこともあります。

リスティング広告とSEOの違い

f:id:urj:20170123193131j:plain

リスティング広告は極端な話、お金さえ払えば自社サイトをいきなり検索ページの上位に表示させることができます。しかし、リスティング広告はクリックされにくいという欠点もあります。人は広告を無意識に嫌う傾向があり、はっきりと広告と書かれているリスティング広告は避けられてしまいやすいのです。

対して、SEOによる検索エンジン上位表示にはとても長い時間と作業量が必要になります。SEOとはページの質を高めたり、有効なリンクを張ることでGoogleからの評価を高める施策のことを指します。SEO対策が成功した場合、リスティング広告に比べるとユーザーからのクリック率は圧倒的に高くなるので、長期的に見ればSEOのほうが有利だといえるでしょう。

どちらにも一長一短があるので、上手く使い分けるのがポイントです。

リスティング広告を導入するメリット

リスティング広告を使えば短期間で上位表示が可能なので、事業を立ち上げて間もない時期の認知度アップの手段として使うと効率的です。

また、ある特定のキーワードのみで表示させる、といったことが可能なので、いくつかのキーワードの潜在顧客をリサーチし、その後狙ったキーワードでSEO対策を行うのも効果的な使い方だと考えられます。

リスティング広告を導入する際の注意点

その性質上、クリックされた分だけ広告費が発生するので、競合に勝ちたいからといってあまり無茶な金額を設定するのは避けたほうがよいでしょう。

また、上述したように、リスティング広告はSEOで上位表示されているページと比べると非常にクリックされにくいです。あまり過度な広告効果を期待するとがっかりしてしまうので、最初は様子を見ながら利用していきましょう。

おわりに

広告は上手く利用すれば素晴らしい見返りが期待できます。

ネット上の広告にはリスティング広告以外にもさまざまな種類の広告があるので、それぞれのメリットとデメリットを把握し、最も状況に合った広告を運用していくとよいでしょう。