読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

レジ業務の効率化・売上管理が加速する!クラウドPOSレジを導入するメリットと人気サービス3選

f:id:urj:20170123192010j:plain

レジ業務は小売や飲食店では不可欠な業務です。しかし、売上やお金に直結する業務ということもあり、日々多くの時間をレジ業務に取られている店舗も多いでしょう。

つまり、少しのミスも許されないにも関わらず作業工程が多いということで、スタッフに大きな負担がかかりやすい業務がレジ業務であるといえます。

この問題を解決するために、近年ではクラウドPOSレジが急速に広まっています。クラウドPOSレジを利用すればあらゆるデータをネット上で管理することができ、従来の作業を大幅にカットできるためより効率的な店舗運営が期待できます。

では、クラウドPOSレジとは何なのか?以下から具体的に解説していきます。

クラウドPOSレジとは?

クラウドを簡単に説明すると、ネット上でデータを保管するスペースのようなものです。アクセス権限さえあれば簡単にアクセスすることができ、データの共有や並列作業が容易にできるため、その利便性からあらゆるソフト、サービスで利用されています。

クラウドPOSレジを使えば売上などのデータをリアルタイムでネット上に保存することができるので、レジ締め業務の際に一から売上を計算する必要がなくなります。

他にもクラウドPOSレジには多くのメリットがあります。以下でそれらを紹介します。

クラウドPOSレジを導入するメリット

レジ業務の負担が減る

今まで人手を割いていた作業を全てコンピュータに任せることができるようになり、業務の負担が大幅に減ります。

クラウドPOSレジは操作性が高いものが多く、ミスの削減につながり、余計な手間から解放されるでしょう。

売上管理ができる

1日の売上を数秒で確認することができますし、複数の店舗を運営している場合、店舗ごとの売上の比較も容易にできるようになります。

さらに、時間帯ごとの売上やよく売れている商品など価値あるデータを簡単に取得可能です。このデータを上手く活かすことにより、より売上をアップさせることができるでしょう。

低コストで導入できる

クラウドPOSレジはソフトウェアなので、大型のレジのように大きな機械を設置する必要はありません。

iPadなどタブレット型のデバイスがあれば十分、管理・運営は可能です。維持コストがほとんどかからないのも大きなメリットですね。

在庫管理ができる

あらかじめ在庫数を入力しておけば、いつでも在庫管理ができます。もう以前のように棚卸しや倉庫の中を見回る作業は必要なくなります。

人気のクラウドPOSレジ

ユビレジ

f:id:urj:20170123192020j:plain

ユビレジ | 店舗の売上向上を実現するiPadを利用したPOSレジ

ユビレジはカスタマイズ性の高さから個人経営店向けのPOSレジだといえるでしょう。店舗独自のシステムにも対応しやすく、実際に多くの個人店舗で導入されています。

無料プランもあり、最初はお試し感覚で利用できるので、しばらく使ってみて気にいったら有料プランへ移行するという使い方がオススメです。

スマレジ

f:id:urj:20170123192026j:plain

スマレジ - iPad、iPhoneを使った無料で始める圧倒的な高機能クラウドPOSレジ

アパレルショップや小売店で多く導入されているのがスマレジです。

スマレジは特に在庫管理機能が優れており、大量の在庫を管理しなければならないアパレル・小売店にピッタリの機能を備えています。ユビレジと同様に無料プランがあるので、興味がある方は使ってみてください。

エアレジ

f:id:urj:20170123192034j:plain

【Airレジ】iPadで使える無料POSレジアプリ | 無料POSレジアプリ - エアレジ

エアレジの大きな特徴はほとんどの機能が無料で利用できることです。その導入のハードルの低さから20万を超える店舗がエアレジを導入しているというデータがあります。

この3つの中では唯一オーダーエントリー機能がありませんが、代わりに順番管理機能や予約管理機能が充実しており、特に飲食店のニーズに強く合致したクラウドPOSレジといえるでしょう。

おわりに

ネットの発達によってあらゆるデータを収集、分析できるようになりました。これらをビッグデータといい、なにもしなければただの雑多なデータ群です。しかし、正しく仕分け、分析することで大きな売上アップにつながる可能性を秘めています。

これらのデータをより緻密、戦略的に分析するならば「アクショニスタ」がオススメです。簡単な操作性であらゆる統計手法を実行できるビッグデータの分析ツールで、より効率的なビジネス展開にとても役立つでしょう。

これからはデータを上手く利用できる事業者が優位に立つようになります。さまざまなツールを有効に使い、情報強者となり、ビジネスを成功に導きましょう。