読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

紙のタイムカードからWeb打刻にシフト!クラウド勤怠管理システム3選

f:id:urj:20161221121421j:plain

適切な勤怠管理は会社経営においてとても重要なものです。多くの労働問題が言及されている昨今、サービス残業や違法な労働時間に対する世間の風当たりはますます強くなっていますし、一度ブラック企業認定でもされれば経営に大きな影響がでるでしょう。健全な勤怠管理はコンプライアンス遵守のためにも必ず必要です。

また、従来の勤怠管理システム、つまり紙のタイムカードなどは最新のクラウド型のものに比べてあらゆるコストがかかります。月末にデータを集計するための人件費や紙代がその代表例です。しかし、クラウド型勤怠管理システムならこれらの問題をまとめて解決することができます。

今回はクラウド型勤怠管理システムのメリット・デメリットについて解説し、加えておすすめの管理システムもご紹介します。

クラウド勤怠管理システムとは

クラウド勤怠管理システムはWeb上で勤怠記録を取り扱うサービスのことです。従来の勤怠管理では打刻機の前に行き、社員証などを提示して記録するのが主な記録方法でしたが、クラウド型ならWebに接続できるあらゆるデバイスから打刻を行うことができます。

クラウド勤怠管理システムのメリット

クラウド型の勤怠管理システムには従来の管理システムと比べてどのようなメリットがあるのでしようか?簡単にまとめました。

コスト削減

Web上で全ての記録、処理が完了するので、従来の紙媒体式と比べて圧倒的に作業量を減らすことができます。ややこしい給与計算なども一度プログラムを導入すれば、後はほぼ自動で稼働させることができるからです。これによって人件費と勤務時間と給料を計算する時間を大きく削減できるうえに、労働生産性の上昇も期待できます。

勤怠管理の効率化

クラウド型勤怠管理システムならわざわざ打刻機の前に行く必要がなくなるので、業務効率の改善を期待できます。例えば、外回りの営業が退勤の打刻をするためだけに帰社する必要がなくなります。外出中でもスマホなどから退勤申請を出せるからです。

また、勤怠管理の効率化により打刻の面倒な手間がなくなるので、社員の満足度の上昇にもつながります。

不正打刻の防止

最新の勤怠管理システムには顔認証や静脈認証など不正打刻を防止するさまざまな機能が搭載されています。他にも、打刻時の位置情報を記録する「GPS打刻機能」もあるので、外出時でも不正打刻は不可能です。

法改正に対応

最近になり特に注目を集めている労働問題の噴出により、労働関係の法律の見直しを求める声が大きくなっています。ただ、労働法が大きく改正されると、勤怠管理もそれに合わせて変更しなければなりません。それにかかる時間、コストは想像を絶するでしょう。

しかし、クラウド型勤怠管理システムならサービスが即時法改正に対応してくれます。そのため、ほとんど改正にともなう作業が必要ありません。もし法改正がおこっても安心して運用できるのも大きなメリットですね。

クラウド勤怠管理システムのデメリット

ここまでクラウド勤怠管理システムのメリットばかりをあげてきましたが、残念ながら少なからずデメリットも存在します。

提供されているサービスが多く、自社に合ったものを選定しづらい

クラウド型のシステムはここ最近で一気に有名になり、現在では多くのサービスが提供されています。また、サービスそれぞれに特徴があり、目的に合ったサービスを選ぶことができれば効率化につながるでしょう。

しかし、あまりのサービスの多さから自社に合ったものを選定することが難しく、使ってみたら求めているものと違った、多機能すぎて逆に使いづらい、ということもあるはずです。多くのサービスには試用期間があるので、一度そのサービスを試してから本導入するかどうか判断することをおすすめします。

おすすめのクラウド勤怠管理システム

ここからは数あるクラウド勤怠管理システムの中から、特におすすめのサービスを紹介していきます。導入の際の参考にしてください。

jinjer(ジンジャー)

f:id:urj:20161221121445j:plain
jinjer [ジンジャー] 人事部を経営のセンターピンに

1ユーザーにつき200円で、全機能が使い放題のクラウド勤怠管理システムです。社員の少ない中小企業やベンチャー企業にはうってつけのサービスとなっています。また、打刻機能だけでなく管理機能もさまざまなデバイスから操作することができるため、使いやすさにも優れているところもポイントです。

ジョブカン

f:id:urj:20161221121456j:plain
ジョブカンワークフロー | あらゆる申請をクラウドで - クラウドワークフローシステム

こちらは1ユーザーあたり200円~400円で利用可能です。現在までに7000以上の企業が利用しています。その利用企業の多さから幅広いデータを蓄積し、よりニーズに合ったサービスを提供できるように気を配られています。サポート体制が充実しているのも嬉しいですね。

KING OF TIME(キングオブタイム)

f:id:urj:20161221121504j:plain
勤怠管理システムの『キングオブタイム』!

導入費用0円、1ユーザーあたり300円で全ての機能を利用可能です。もちろん生体認証やカード、モバイルなどあらゆる打刻方法に対応しています。機能も充実しており、30日間の無料試用期間もあるので、クラウド勤怠管理システムの導入を検討しているなら、ぜひ一度試してみたいサービスです。

おわりに

直接の利益につながらないため改善が後回しにされやすい勤怠管理ですが、実は少ない投資で大きな効果をあげることができます。適切な勤怠管理がされれば会社の評判も上がり、将来的に大きな利益にもつながるでしょう。ぜひチェックしてみてください。