読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

ビジネス分析ツールを自社で活用するために

f:id:JUSTSYSTEMS:20160623114811j:plain

ビジネス分析ツールの導入により、期待できる効果はどのようなものでしょうか?

ビジネス分析ツールの具体的な活用例

資料を作成する手間と時間の軽減。 各部署の現状を視覚的に、はっきり確認できる。 必要なデータを抽出・分析・加工することで業績アップにつながる。 各部署のシステムを横断し、様々な側面からビジネス分析ができる。

現場で膨大な量のデータを扱う場合、単にデータを整理するだけでなく、分析にまで進展できるにはどうすればよいか?を考えることが大事です。 ビジネス分析で大事なことの一つに、データの視覚化がありますが、ここでもポイントを把握することです。

データを、1軸だけでなく2軸の兼ね合いで把握する。 データ分析前に「課題設定」と「仮説思考」をよく考える。 この2つが大事となります。

これ以外大事なことは、データを示すグラフ等には、作成者の考察や意見などを付与することです。

単にグラフを示すだけでなく、市場の状況や自社の状況などを記載するとわかりやすくなります。 自社の状況を販売数量、販売状況、課題など、いくつかの項目に分けてコメントを付け加えるとさらにわかりやすくなります。

また、ビジネス分析ツールを活用する際には、取り扱うデータの確実性が大事となります。 あまり古いデータや、業務形態の変更以前のものなど、現状と異なる情報やデータだと、分析結果にブレ生じてしまいます。

情報の管理が鍵になる

ビジネス分析ツールを活用するためには、データを集める方法や、情報管理のルールの見直しなどにより、社内システムや業務ルール全体の最適化も併せて進めなければいけません。

分析ツールには、環境分析ツールと戦略策定ツールがあります。 戦略策定ツールの場合、市場での自社の位置づけや、今後の取るべき指針を可視化することが目的となります。

戦略策定ツールは、大きく分けてツリーとマトリックスの2種類があり、ツリーで課題の構造を明確にし、マトリックスで相関的な自社の位置づけを明確にします。

事実や課題を客観視できるように様々な工夫を凝らしている点を理解できれば、こうしたツールも活用できるようになります。