読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

複雑化する現代、経営データの分析にはBIツールがお勧めです。

f:id:urj:20160722200843j:plain

ビジネスの多様化やグローバル化、さらに変化の激しい国際情勢などから、経営が雑化し、従来のような経験、勘による経営判断は年々難しくなってきています。 こうした中、経営データの分析にはBIツールが活用のしがいがあるのです。

 

データに基づき、現状を正しく把握することで先行きを見通し、いち早く手を打つことが大事で、このためには、データ分析が必要不可欠となります。 日々生成される膨大なデータを効率よく分析し、将来のために仮説を立て、シミュレーションすることで現状を正しく理解し、正しい経営判断を行うためのサポートを行うのがBIツールです。

データの集計、分析に時間がかかり、会議に間に合わ合ない。 各部署から必要なデータが集まりにくく、最新のデータが得られない。 データの処理が複雑で、集計作業ができる専門のスキルを持った人間が社内にいない。

こうした問題から、残業続きとなって社員の士気の低下を招いたり、問題改善が遅れるなど、致命的な事態に陥る可能性を持つ企業もあるのです。 BIツールなら、データの集計、分析は、一度必要な設定をしておけば、後はデータを入力するだけで必要なレポートが得られます。

複数のエクセルを開いて集計したり、関数計算に戸惑うなどのわずらわしさがなくなり、最終的な計画の立案に集中できるようになります。 経営分析には、各部署のデータを集める必要があったり、逆に自分が担当する部署のデータを共有する必要が生じることもあります。

ところが、部署ごとでデータの管理方法が違っていたり、共有ストレージが分かれていてデータの保管場所が異なったりすると、データの集計に時間がかかってしまい、また、中には古いデータしか入手できない倍もあります。

こうしたときにも、各部署のデータを一つのBIツールに集約させることで、いつでも誰でも必要な最新のデータにアクセスできます。 BIツールを活用することで、様々な情報を一元化させ、迅速に分析することが可能となります。