読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

Oracle PaaS Manの評価・評判 - IT、ビジネス革新のために、あらゆる分野のクラウドを揃えている!

f:id:JUSTSYSTEMS:20160623122039j:plain

日本オラクルが提供するOracle PaaS Manは、ITコストの削減や運用管理の負担軽減に役立つサービスです。

オンプレミス(情報システムを使用者自らが管理する設備内に導入、設置して運用すること)からクラウドに移行したいけど、どんな点を留意してクラウドサービスを選択すべきなのか、という悩みに応えてくれます。

Oracle PaaS Man の機能と特徴

POCO(Power of Cloud by Oracle -オラクルのクラウドが持つ力)というコンセプトワードに込め、クライアントのITとビジネス革新のために必要なあらゆる分野のクラウドを揃えています。

データの分析・情報共有に苦労し、Excelでの分析作業に限界を感じていたり、チームメンバーのExcelスキルにばらつきがあるため、属人的なオペレーションになっている・・・。

システム部門に依存するデータ管理、一覧性のないデータ群、煩雑なデータ処理の効率化、分析結果の可視化を進め、誰もが簡単にデータ分析を行う方法を模索している・・・。

こうした悩みに対し、Oracle Data Visualization Cloud Servise(DVCS)なら、Excelより簡単なクリック操作で、複数データをマッシュアップ(ウェブ上に公開されている情報を加工、編集することで 新たなサービスとすること)して一つにまとめ、わかりやすく視覚化できます。

クラウド形式で提供されるので、専門のシステム部門からの支援が必要なく利用でき、DBの知識も必要ありません。 誰でも複数データを横断した直感的な分析が可能となります。

クラウド上で一元管理できるため、データの一貫性と統治性を保つことができます。 DVCSなら圧倒的に作業を効率化でき、データを元にした「気づき」をいち早くビジネスストーリーに落とし込めます。

DVCSはマッシュアップしたデータからさらにカテゴリを作成してデータを分類分けすることができるので、カテゴリ管理も楽にできるようになります。 散らばったデータを効率的にまとめ、共有・可視化もできます。