読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

BIツール導入の効果を上げる4つの視点

f:id:JUSTSYSTEMS:20160623103725j:plain では、自社にはどのようなBIツールが適しているのでしょうか。様々な視点から検討することで、必要な機能が見えてくるでしょう。ここでは、4つの視点を例に挙げてBIツール導入の効果について考えていきます。

「既存のIT環境に適しているか?」

社内で複数の業務システムを使用している場合は、それぞれのデータを統合して分析します。データを統合するためにはETLやDWHを活用しますが、これら既存のシステムとBIツールとの対応は必ず確認すべき項目だと言えるでしょう。また、BIツールの導入を機にデータの統合をするのであれば、DWH機能を持つBIツールを導入するという選択肢もあります。

「誰がどのようにデータを活用するのか?」

誰がどのような目的でデータを活用するのかによって、必要な機能は変わってきます。 経営層と一般の社員では求める情報も異なりますし、部門ごとに活用するデータも様々です。どういった機能が必要なのかを見極め、最適なBIツールを選定する一助としましょう。

f:id:JUSTSYSTEMS:20160623103827j:plain

「今後そのシステムを十分に活用していけるのか?」

導入したBIツールを使い続けるにあたり、社内の既存システムとの連携を確認することも重要です。導入したBIツールは、主に情報システム部門が設定し、今後の整備を行うことになります。システムの対応性はもちろんのこと、一般社員でも簡単に見やすい情報が取り出せるかどうかが、今後運用していくうえでのカギとなるでしょう。

例えばActionista!なら、企業内で活用が想定される一般的な集計方法をすべてプリセットしてあります。スクリプトや関数の知識のない一般の職員でも、マニュアルを読む必要がないほど簡単に集計・分析・レポーティングを行うことができます。

「得た情報を活かすことができるのか?」

BIツールから得た情報を活用していると、さらに新たな指標や別の角度からの情報が欲しくなったりします。新しく展開された業務を円滑に進めることができるのかは、BIツール導入の効果を上げるために必要な事柄だと言えるでしょう。