読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
業務効率化の為のBIツール
業務改善の成功事例業務改善の成功事例

未経験者がBIツールを導入する際のポイントは

BIツールは、例え未経験でも、操作は簡単に出来るということをうたい文句にしているツールもあります。 それでも、未経験でBIツールの導入を考えた場合、まずは未経験の人向けのBI体験コースなどで実際にBIツールを使ってみて、BIツールとはどのようなものか…

BIツールの導入は、まずデモ操作で実際に体験してみるのも良いことです。

BIツールの導入を考えていても、具体的な導入方法がわからず、検討が進まないものです。 こうした場合、デモ操作を見てみるのも良いでしょう。 ツールベンダーによっては、自社のデータを持参すれば、それに応じて無償でプロトタイプを作成し、デモンストレ…

管理会計はビジネスに不可欠で、BIツールの導入も進んでいます。

管理会計は、企業会計の一種で、会計情報を経営管理者の意思決定や、組織内部の業績測定・業績評価に役立てることを主な目的としたものです。

エクセルによるZチャート用のデータの作り方は?

Zチャートは「業績が上がっているのか、下がっているのか」が一目で把握できるグラフで、月々の業績など「季節変動」の要素も加味しています。

Excel 2016はグラフやデータ分析機能がさらに強化されている!

Excel 2016には、データ分析に役立つ様々な新しい機能が追加されています。

エクセルで売上データを管理するときに便利な3つの機能

エクセルで売上データを管理、解析する際、便利な3つの機能についてご紹介します。

Excelの分析ツールで統計学的及び工学的分析する

Excel2007以降には、分析ツールと言う機能があります。 この機能を活用すれば、統計学的及び工学的分析を行うことが可能となります。

ABC分析の意義とExcelで実現する方法は?

ABC分析は、在庫管理などの場で原材料、製品、商品等の管理に使われる手法で、重点分析とも呼ばれます。

BIツールを活用し、エクセル定型レポート作成の効率化をする

BIツールは、様々なデータを収集、分析するためのツールです。 データベースを扱うスキルや知識がなくても高度な分析ができ、結果を得られます。

CRMの概念と、導入目的は?

CRM(Customer Relationship Management)は、顧客満足度、顧客ロイヤルティを向上させることで、売上の拡大、収益性の向上を目指す経営戦略・手法のことです。

ERPの特徴と、導入メリットとは?

ERPは、企業資源計画(Enterprise Resource Planning)のことで、経営資源を有効的に活用するため、企業全体を統合的に管理し、経営の効率化を図る手法・概念です。

SFAの概念と特徴は?

SFAは、「勘」「根性」「経験」の営業から「科学的」「自動的」な営業へ向けて改善する、という概念による営業支援を目指したシステムのことです。

BIを実現するための「DWH」と「ETL」の活用法は?

多様化する情報の中で、役に立つ情報、他で得られない貴重な情報などを保持し、分析するのがBIツールですが、その分析に欠かせないのが「DWH」と「ETL」です。

セルフサービスBIとは

前項では、BIツールの種類別に導入後に必要な初期設定を説明しました。しかし、初期設定作業は複雑であり時間もかかります。さらに初期設定以外のデータ加工作業も必要です。

BIツール導入後に必要な初期設定

では、BIツールを導入し、運用し始めるまでにどのような初期設定が必要なのでしょうか。 BIツールには大きく分けて4つの種類があります。それぞれによって初期設定作業に違いがありますので、ツールの種類ごとに説明していきます。

BIツールで何ができる?

では、自社に適したBIツールを導入したとして、具体的には何ができるのでしょうか。BIツールは工夫次第でどのようにも活用することができます。企業のニーズによって実際の運用は異なりますが、ここでは具体的な活用法の一例を紹介します。

BIツール導入の効果を上げる4つの視点

では、自社にはどのようなBIツールが適しているのでしょうか。様々な視点から検討することで、必要な機能が見えてくるでしょう。ここでは、4つの視点を例に挙げてBIツール導入の効果について考えていきます。

BIツールとは - データを効率的に可視化する業務・経営改善ツール

企業では、あらゆる場面において、様々な意思決定が必要とされます。その判断は迅速かつ正確なものでなくてはいけません。適切な答えを導き出すためには、正確で安全な情報の選択が必要とされます。そして、その助けをしてくれるのがBIツールなのです。